• トップページ
  • サイトマップ
  • 英語サイト
  • 中国語サイト

プレスリリース

2014年4月7日 サイクルポケット新登場!

ハンドルの内側に付けてポケット感覚で使える

「サイクルポケット」

 

 

~ペットボトルやタオルなど、バスケットに入れる荷物以外のちょっとした小物入れに~

自転車用品を製造するオージーケー技研株式会社(本社:大阪府東大阪市、代表取締役:木村 秀元)は、自転車のハンドルの内側に取り付けて、ポケット感覚で小物入れに使える「サイクルポケット」を3月28日に発売します。幅広い車種に工具なしで簡単に取り付けできる方法を考案。他にはない樹脂製で、かわいいカラーバリエーションを実現しました。自転車でのお出かけをより楽しく、快適にしてもらいたいと考えています。

自転車のバスケットに入れると取り出しにくいので、ペットボトルやタオルなど、すぐに使いたいちょっとした小物を直接入れておけるポケットのようなアイテムがほしいとの声を元に開発しました。自転車によってハンドルなどの形状や長さが違うので、幅広い車種に誰でも簡単に取り付けできる方法を考案、検証するのに苦労を重ね、商品化に至りました。

幅広い車種に工具なしで取り付け可能
サイクルポケットは、一般車・小径車・スポーツ系車種など、オールマイティーに対応可能です。工具を一切使わず、ベルトをハンドルに引っ掛けて、スペーサーをステムにはめ込むだけで簡単に取り付けできます。また、サイクルポケットはハンドルの内側に取り付けるため、腕で荷物をガードでき、安心して荷物を入れられます。スポーツ系車種対応の布製の商品は以前から販売されていますが、他にはない樹脂製で、かわいいカラーが選べるのも特徴です。

 

こちらにも掲載してます

 

 

2014年4月5日 FB-050(クリスタルキャリー)新登場!

人気のちょい乗り自転車をおしゃれに便利に
バッグにもなるバスケット「クリスタルキャリー」新発売
~トートバックカラーのインナーバッグは、業界初のラバー製で衝撃と水から荷物を守ります~

自転車用品を製造するオージーケー技研株式会社(本社:大阪府東大阪市、代表取締役:木村 秀元)は、小径車用のフレームバスケットとインナーバック「クリスタルキャリー」を4月5日に発売します。小径車用のバスケットは、網目が広いものが一般的です。スマートフォンや小銭入れなどの小さな荷物は落下する恐れがありますが、当商品のフレームバスケットにインナーバックを装着することで、荷物の落下を防止します。トートバッグカラーを採用したインナーバックは、簡単に取り外しができるため、お買い物バックとしても利用できます。

小径車は、コンパクトサイズで小回りがきくため、コンビニやちょっとした外出時など気軽に乗れることから街中を中心に販売数は、過去3年間にわたり全車種の中で約3%を維持続けています。((財)自転車産業振興協会オンラインより)
乗り降りしやすいママチャリ風からクロスバイク風までデザインに富んでおり、ファッション感覚で使用するユーザーが多い自転車です。小さな荷物を落下から守り、かつ小径車のデザインに調和する当商品で、安全で楽しい自転車ライフを送ってほしいと思っています。
取り外しはとっても簡単

自転車をよりファッションアイテムに組合せは8パターン

クリスタルキャリーのフレームバスケットは、太めの金属製パイプタイプのデザインを採用し、軽量化と高級感のある質感を実現するため樹脂のポリカーボネートを使用しました。U形状にすることで、強度を高めるとともに軽量化しています。金属製のような光沢がある黒色と、軽快な質感の透明の2種類をラインアップしました。インナーバッグは、お買い物バックとして単体で使ってもらえるよう、布製のトートバックをイメージしたカラー4色を揃えました。小径車用として業界初のラバー製で、水に強く衝撃吸収に優れているため、中の荷物を雨や衝撃から守ります。バックのもち手部分とフレームバスケットの形状に一体感を持たせたデザインで、簡単にフレームバスケットに脱着できます。なお、フレームバスケットとインナーバックは別売りとなります。

こちらにも掲載してます