技術革新

技術革新を重ね、業界の常識を超える
OGKの技術力

自転車用品・パーツの
トップシェアを握るパイオニア

注目の最新テクノロジーに対して常にアンテナを張り、
樹脂素材メーカー、機械メーカーなど、協働するエキスパートと切磋琢磨する。
たゆまぬ技術革新がトップシェアを握るリーディングカンパニーへ

金属に変わる万能素材プラスチックで
多彩な製品を生み出す

軽くて強度があり、しかも錆びないプラスチックは、熱を加える事で硬くなる熱硬化性と、熱を加えると柔らかくなる熱可塑性の2つの特性を持っています。複合することで、鋼鉄のような硬さもゴムのような柔らかさも実現することができます。この素材の特性を生かして多彩な製品を生み出してきたのが、OGKの技術力です。

変革なくして進化なし
先入観や常識にとらわれない創意工夫

「できない」という先入観や常識にとらわれない、あきらめない「変革なくして進化なし」の意識を、経営陣から社員にいたるまでの全社が共有していることがOGKの強みです。たとえヒット商品であっても、それに甘んじることなく常に改良アップデートを繰り返し創意工夫をしています。時流に合わない旧商品は廃番にしていく。そんな新陳代謝をさかんに行っています。

技術を通して世の中をプラスに
社名に込められた想い

技術開発に際してOGKが常に意識していることは、世の中にプラスになる技術であるかどうかです。お客様の生活を快適にし、しかもメーカーのコスト削減にもなるような社会貢献も技術を通して実現したいと考えています。「大阪グリップ化工」から「オージーケー技研株式会社」に社名を変更する際、OGKに技術を付したのは二代目社長木村景雨。モノづくりと自社技術への誇りが、社名には込められているのです。
  • トップメッセージ

  • 技術革新

  • ものづくり基準

  • 安全性への取り組み

  • 会社概要

  • 会社沿革

環境への取り組み>