“大変”“楽しい”にシフトする!
  家族のためのサイクルトレーラーCamilyキャミリー

子ども乗せ自転車でもけん引できて、
スムーズな走行を実現したサイクルトレーラー。
これまで大変だった大きい荷物もラクラク持ち運べ、
自転車でのお出かけや、遊びの可能性がぐんと広がります。
Camilyで、毎日がもっと楽しく!

子ども乗せ自転車でもけん引できて、
スムーズな走行を実現したサイクルトレーラー。
これまで大変だった大きい荷物もラクラク持ち運べ、
自転車でのお出かけや、遊びの可能性がぐんと広がります。
Camilyで、毎日がもっと楽しく!

STORY

STORY

通園やお買い物、遊びに行く時にも、
子どもを自転車に乗せながら、大荷物になってしまう機会は多いもの。
そんな大変で危なっかしいシーンをなんとかしたい。
自転車をもっと上手に使って、楽しい家族の暮らしを叶えてもらいたい。
そんな想いで、チャイルドシート搭載自転車にも取り付け可能な
サイクルトレーラーづくりに挑戦し、Camilyキャミリーが誕生しました。

Camilyは、家族に寄り添う製品を作り続けるオージーケー技研が開発しました。
国内シェア 60%を超える自転車用チャイルドシートのパイオニアメーカーとして、
家族の自転車移動の安全と快適を追求しています。

SCENE

SCENE

Camilyで、かつてないほど快適に!
レジャーやアウトドア、通園やショッピングなど、さまざまなシーンで活躍するサイクルトレーラー。
約95Lの専用バッグは、通園時に困るお昼寝布団もすっぽり収納。
自転車でのまとめ買いも可能にします。
ピクニック、バーベキューなどのアウトドアや、公園遊びにも最適。
トレーラーはワンタッチで簡単に着脱できて、キャリーカートとしても活躍します。

PRODUCT

Camily サイクルトレーラー

子ども乗せ自転車でもけん引できて、
スムーズな走行を実現したサイクルトレーラー。
バンド等を使えば自転車での持ち運びが大変な
キックバイクなどもラクラク運べます。
キャリヤから取外せばキャリーカートとしても使用可能です。

Camily サイクルトレーラー

子ども乗せ自転車でもけん引できて、
スムーズな走行を実現したサイクルトレーラー。
バンド等を使えば自転車での持ち運びが大変な
キックバイクなどもラクラク運べます。
キャリヤから取外せばキャリーカートとしても使用可能です。

Camily コンテナバッグ

約95LのCamilyサイクルトレーラー専用バッグ。
通園時に困るお昼寝布団が
2つまですっぽり入る大型サイズ。
自転車でのまとめ買いにも。

Camily サイクルトレーラー
+コンテナバッグセット

子ども乗せ自転車でもけん引できる
Camily サイクルトレーラーと、
通園にも遊びにも活躍する大型サイズの
Camilyコンテナバッグのセット。
自転車でのお出かけの可能性がぐんと広がるアイテムです。

商品名が入ります4

吾輩は猫である。名前はまだ無い。
どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
何でも薄暗いじめじめした所でニヤーニヤー泣いてゐた事だけは記憶してゐる。

商品名が入ります5

吾輩は猫である。名前はまだ無い。
どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
何でも薄暗いじめじめした所でニヤーニヤー泣いてゐた事だけは記憶してゐる。

商品名が入ります6

吾輩は猫である。名前はまだ無い。
どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
何でも薄暗いじめじめした所でニヤーニヤー泣いてゐた事だけは記憶してゐる。

商品名が入ります7

吾輩は猫である。名前はまだ無い。
どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
何でも薄暗いじめじめした所でニヤーニヤー泣いてゐた事だけは記憶してゐる。

  • 1
  • 2
  • 3

駐輪時はコンパクトに折りたたむ事ができます

ASSESSMENT

ご購入の前に必ずお読みください

  • けん引時は車道走行をお願いいたします(歩道の走行は道路交通法で禁止されています)
    サイクルトレーラーを取付けた自転車は普通自転車ではなく「軽車両」に分類されます。そのため、駐停車や施設等の出入りのため横断する場合等を除き、一般的な歩道は走行できず、「自転車通行可」や「自転車通行帯」と区分されている歩道も走れません。車道左端(左端に自転車専用道路がある場合も含みます)、路側帯などが通行できる場所です。
  • 走行場所にご注意ください
    幹線道路の高架などは「自転車・リヤカー不可」という標識が揚げられていることがありますのでご注意ください。ご使用については各自治体の条例に従ってください。
  • 交差点での右折の場合には「二段階右折」が必要です
    道路交通法では「軽車両」となりますので右側を走行すると逆走(道路交通法で禁止されています)となります。
  • カーブにご注意ください
    普通自転車の感覚で交差点を曲がると内側にトレーラーを引っ掛けてしまう場合があります。少し大回りを意識するとスムーズな走行が可能です。また、交差点でスピードを出しすぎるとトレーラーが外側に振られてしまう場合があります。歩く程度の速度まで減速し、ゆっくりと交差点を曲がるようにしましょう。
  • 走行時はフラッグの取付けをお願いいたします
    必ず付属のフラッグを立てて走行をしてください。自動車のドライバーからサイクルトレーラーが見えない危険性があります。フラッグを立たせて存在をアピールするようにしてください。
  • 運転に慣れるまでは、安全な広い場所で練習してください
    乗り降りや、取付け、取外しも同様に練習していただき、余裕を持った運転をお願いします。
  • けん引時は後退が出来ません
    駐輪場からの出し入れなど後退が必要な場合は、一度自転車から取り外し自転車を移動してから取付け走行してください。
  • 荷物の運搬以外に使用しないでください
    踏み台や椅子の代わりにしたり、人や動物を乗せたりしないでください。ケガ、破損や事故の恐れがあり危険です。
  • 自転車以外への取付けを行わないでください
    自転車以外へ取付けての使用は想定していません。ケガ・破損や事故の恐れがあり危険です。
  • 積載量にご注意ください
    キャリヤの最大積載量(クラス)とリヤチャイルドシートに乗せるお子さまの体重により、サイクルトレーラーに載せられる重量が変化します。詳細は当社ホームページのトレーラー積載可能重量一覧をご確認ください。
  • リヤバスケットとの併用は出来ません
    リヤバスケットとの併用は構造上出来ません。
MORE

FAQ

製品について

  • 何kgまでの荷物を運べますか?

    耐荷重は18kgです。
    耐荷重を超える荷物は載せないでください。

  • 子どもを乗せることはできますか?

    人や動物は乗せないでください。
    破損や事故、ケガのおそれがあります。

  • バッグは防水仕様ですか?

    防水に強いターポリン生地を使用しております。ただしファスナー部分から水が染み込む可能性がございます。

  • 歩道、自転車専用道路は走行できますか?

    軽車両扱いとなるため、車道走行のみとなります。
    車道の左側(左端に自転車専用道路がある場合も含みます)に沿って走行し、信号も自動車用の信号に従ってください。
    公園等敷地内での走行は各自治体の条例を確認し乗車してください。

  • 走行時に気を付けることはありますか?

    下記のような悪条件下ではスピードを5km/h以下に抑えて安全に走行ください。
    ●片側に傾いている道
    ●下り坂およびカーブ
    ●雨、風が強い日

    下記条件では走行しないでください。
    ●大きな段差や溝・凹凸の激しい路面

  • 自転車以外に取り付けは可能ですか?

    自転車以外に取付けての使用は想定しておりません。
    破損や事故、ケガのおそれがあります。

  • タイヤのバルブ(空気を入れる金具部分)はどのような仕様ですか?

    米式バルブです。
    英式バルブへの変換プラグも付属しております。

  • サイクルトレーラーがついた状態で二段階式の駐輪場は利用できますか?

    ジョイントプレートからサイクルトレーラーを外してから駐輪いただくようお願いします。